■アイリスの特徴

 「アイリス(虹彩)とは目のどの部分でしょうか」という質問にどれくらいの人が正しく答えられるでしょうか。 多くの人が、網膜と混同しているのではないでしょうか。
 アイリスとは黒目の内側で瞳孔より外側のドーナツ状の 部分のことを言い、瞳孔の開き具合を調節する筋肉から 構成されます(第1図)。つまりアイリスは外界から眼球内部 へ入射される光の量を調整する機能をもつ部分であり、カメラの絞りに相当します。
アイリスとは
 人の目はおよそ妊娠6ヶ月頃までに形成され、その時点で瞳の部分に孔が開き、その開口部、すなわち瞳孔から外側に 向かってカオス状の皺が発生することが知られています。この皺の成長は生後2年ほどで止り、それ以降、変化すること はありません。
 この皺の形状(模様)は遺伝子の作用と発育時の環境により外部に現れるものであり、遺伝的影響度が少ないことが 知られています。そのため、アイリスの模様は指紋などと同様にその人固有のパターンとなり、同一人の 左右の目でも異なり、一卵性双生児でも異なるパターンになります。
 疾病などのアイリスへの影響に関しては、アイリス が目の表面(角膜の下)に存在することから眼球内部の疾病などの 影響を受けることはほとんどなく、目の充血にも影響を受けることがありません。また、目の不自由な方の多くは、視神経 の障害であり、ほとんどの場合アイリスは正常に存在します。


■アイリス認識の概要

 アイリス認識とは、上記で述べたアイリスの特徴を利用して、デジタルカメラで撮影したアイリスのパターン画像を データ化し、予め登録してある本人のアイリスデータと比較照合することにより個人を特定するものです。個人認証に アイリスを用いることの主な利点を下記に示します。
 (1)認識精度が高い。
 (2)非接触での認識が可能。
 (3)偽造が困難。
 (4)アイリスは安定している(生涯ほとんど変化しない)ため再登録が不要。
 良好なアイリスパターン画像が得られた後の処理について以下に順次説明します。

アイリス認識のステップ