沿革|日本自動認識システム協会

沿革

1986年8月任意団体エーアイエム ジャパン(国際自動認識工業会)設立 当初加盟14社
1987年11月第1回SCAN-TECH JAPAN展示会を科学技術舘にて開催
1988年11月第2回SCAN-TECH JAPAN展示会
会場を平和島東京流通センターに移し規模を拡大
1993年3月会報「えいむ」を創刊
1996年9月SCAN-TECH JAPAN展示会 会場を東京ビックサイトに移し、さらに規模を拡大し開催
1997年10月2次元シンボル「QRコード」がAIM International(国際自動認識工業会)規格として制定(ISS-QR Code)
1999年2月任意団体エーアイエムジャパンを発展的に解散し、社団法人日本自動認識システム協会設立 当初加盟108社
9月SCAN-TECH JAPAN展示会を「自動認識総合展」に変更し第1回目を東京ビッグサイトにて開催
同時に「自動認識システム大賞」を創設
2000年12月協会事務所をAIOS五反田ビルよりオー・エヌ・オー六本木ビルに移転
2003年2月「バーコード&RFIDシステムフェアー大阪」をマイドームおおさかにて開催
4月協会内に研究開発センターを設置
2004年1月英文名称 AIM JAPANよりJAISA(Japan Automatic Identification Systems Association)に変更
2月「第1回自動認識総合展 大阪」を開催
4月会報誌名称「えいむ」より「JAISA」に変更
10月第1回自動認識基本技術者資格認定試験の実施
11月東京・大阪以外の地方で初めて「福岡自動認識セミナー&展示会」を開催
2005年8月仙台で「東北自動認識セミナー」を開催
12月協会事務所をオー・エヌ・オー六本木ビルより千代田区岩本町に移転
2006年3月第1回バーコード専門技術者資格認定試験を実施
5月第1回名古屋自動認識展&セミナーを開催
7月任意団体「バイオメトリクス・セキュリティー・コンソーシアム」をJAISAに編入
10月第1回RFID専門技術者資格認定試験を実施
2007年7月「ダイレクトパーツマーキングガイドライン」ISO化を実現(ISO/IEC TR24720)
2008年6月 China RFID Industry Alliance(C-RFID-A) および Korea Association of RFID/USN Convergence(KARUS)と覚書を締結
8月自動認識技術の最新情報誌「JAISA NOW(設立10周年記念版)を発行
2009年1月 JAISA設立10周年記念特別講演会・賀詞交歓会を開催
2010年5月「リライタブルハイブリッドメディア」品質仕様のISO化を実現(ISO/IEC 29133)
7月National IT Industry Promotion Agency RFID/USN Center(RUC) と覚書を締結
2011年4月一般社団法人に移行 一般社団法人 日本自動認識システム協会となる
5月サプライチェーン用RFID規格ISO1736Xシリーズの規格改訂事業を実施
国際標準共同研究開発事業「マルチモーダル認証性能評価標準化」を実施
2012年2月GS1データバーのJIS化を実現(2012年2月20日制定:JIS X 0509)
5月サプライチェーンにおける完成車物流の可視化手法に関する標準化提案を実施
アジア生体認証技術評価基盤システムの構築及び国際標準化提案を実施
2013年5月UHF帯RFID周波数移行(920MHz帯)に伴う電波関連調査研究を実施
アイデンティティーマネージメント(IdM)における共通本人認証基盤の開発事業を実施
2014年5月バイオメトリクス生体認証を用いた被災者支援システムの研究開発事業を実施
金属製RTI(リターナブル物流器材)管理用RFID要件等の調査を実施
高機能JIS等整備事業バーコードプリンタ、リーダの評価仕様に関するJIS開発事業を実施
2015年2月データマトリックスのJIS化を実現(2015年3月20日制定:JIS X 0512)

調査・研究活動

省庁からの通知等(会員専用)

広報活動

アクセス

  • 〒101-0032

    東京都千代田区岩本町1丁目9番5号

    FKビル7階

  • TEL.03-5825-6651(代)
  • FAX.03-5825-6653

所在地マップ