最新の統計調査結果概要|日本自動認識システム協会

最新の統計調査結果概要

市場統計委員会

本委員会では、自動認識関連市場の調査、集計、分析を行っております。また、市場の動向や予測についても独自に調査・発表を行っております。

尚、本調査「自動認識システム関連製品の2015年出荷数量・出荷金額、2016年出荷数量予測・出荷金額予測」は当協会会員企業を中心にアンケート調査を行い115社の回答を取り纏めたものです。

平成27年1月-平成27年12月 出荷数量・出荷金額

自動認識機器の市場動向調査結果のポイント

  • 2015年の自動認識機器市場の出荷金額は2,354億円で2014年比0.8%増
  • 2016年の自動認識機器市場の出荷予測金額は2,435億円で2015年比3.4%増

2015年の自動認識市場全体の出荷金額合計は、前年対比0.8%増の2,354億円であった。製造、流通、物流、医療業界での安定した需要はあったものの、昨年の消費増税に伴う需要、WindowsXPのサポート終了に伴うリプレース需要が減少し、また、期待していた個人消費や設備投資が数字を押し上げる結果には至らなかった。

2016年自動認識市場全体の出荷金額は、自動車、電気、機械業界の設備投資の増加、個人消費の改善、流通、物流、サービス業、医療での安定した需要から、2015年対比3.4%増の2,435億円を予測している。

調査・研究活動

省庁からの通知等(会員専用)

広報活動

アクセス

  • 〒101-0032

    東京都千代田区岩本町1丁目9番5号

    FKビル7階

  • TEL.03-5825-6651(代)
  • FAX.03-5825-6653

所在地マップ