自動認識基本技術者資格認定講習・試験開催概要|日本自動認識システム協会

自動認識基本技術者資格認定講習・試験開催概要

2017年度開催概要

講習・試験名 第30回自動認識基本技術者 第31回自動認識基本技術者 第32回自動認識基本技術者
詳細 - -
試験申込 - - -
日程 6月23日(金)・24日(土) 8月25日(金)・26日(土) 10月13日(金)・14日(土)
募集人数100名50名100名
場所 早稲田大学理工学部
(東京都新宿区)
マイドームおおさか会議室
(大阪市中央区)
早稲田大学理工学部
(東京都新宿区)
受験対象者

新入社員・中堅社員・学生・一般社会人など自動認識技術に関する基本的な知識の修得を目指す方。
自動認識技術に携わる企業の社員(社員研修として利用、または知識・実力の確認のために)。今や自動認識技術は身の回りのあらゆるところで利用されており、このような自動認識技術の基本を学ぶことで、日常で使用する自動認識システムや機器の理解を深めることができます。自動認識システムを利用している方、自動認識システムの導入を検討されている方、自動認識技術を深く理解した、ひとつ上のレベルの管理者やユーザーを目指してみてはいかがでしょうか。

具体的に、こんな方にお勧め!

  • 自動認識業界や自動認識システムを利用している企業への就職を目指す学生
  • 新入社員、中堅社員等の基礎研修や自己啓発(主に営業部門・管理部門の方)
  • 専門技術者資格取得を目指す方の研修や自己啓発(主に技術部門・開発部門の方)
    ※専門技術者資格を受験するには、自動認識基本技術者の資格取得が必要です
  • 自動認識システムや機器の管理者・ユーザー。自動認識システムの導入を検討中の方。
受講・受験料
当協会会員企業に所属されている方30,000円
(テキスト不要の場合24,000円)
非会員企業に所属されている方50,000円
(テキスト不要の場合44,000円)
学生の方15,000円
前回不合格者で受講希望する方15,000円
講習を受講せず、試験のみを希望する方10,000円
出題範囲

バーコード、RFID、バイオメトリクス、標準化など自動認識技術に関する基礎知識

バーコード:
バーコードとは、一次元シンボル、二次元シンボル、バーコードリーダ、バーコードプリンタ、印刷品質・検証器
RFID:
RFIDとは、RFIDの基礎用語、RFIDの原理と特徴、RFタグ、リーダ・ライタ、電波法とその他の法規・規格、使用上の留意点と活用法
バイオメトリクス:
バイオメトリクスとは、バイオメトリック技術、バイオメトリック認証モデル、認証精度とその測定方法、新しい技術の開発
標準化:
企業戦略と標準化、国際標準化組織
回答形式多肢選択式(4択)
使用するテキスト

次の3冊をテキストとして使用します。
何れも(一社)日本自動認識システム協会編 (株)オーム社発行。

  • 「よくわかるバーコード・二次元シンボル」
  • 「よくわかるRFID(改訂2版) ~電子タグの全て~」
  • 「よくわかるバイオメトリクスの基礎」

上記に加え、当協会発行の標準化テキストも使用します。

受講・受験のお申込み時に、ご案内書類と共に上記のテキストをお届けいたします。

上記書籍代金は受講料に含まれます。

※講習を受講せずに試験のみ受験はされる方は、お手数ですが書籍をご自身でご用意下さい。

募集開始日(予定) 2017年5月29日(月) 2017年7月18日(火) 2017年9月19日(火)
募集締切日(予定) 2017年6月14日(水) 2017年8月8日(火) 2017年10月4日(水)

調査・研究活動

省庁からの通知等(会員専用)

広報活動

アクセス

  • 〒101-0032

    東京都千代田区岩本町1丁目9番5号

    FKビル7階

  • TEL.03-5825-6651(代)
  • FAX.03-5825-6653

所在地マップ